スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ノルアドレナリン(脳内ホルモン)まとめ

 2008-08-26
脳内ホルモン(ノルアドレナリン)まとめ

■概要
神経を興奮させる神経伝達物質。
不安や恐怖を引き起こしたり、覚醒、集中、記憶、積極性、痛みを感じなくするなどのはたらきがある。
ストレスとの関係も深く、敵(ストレッサー)に出会った緊急反応の際に自律神経の末端で分泌され、交感神経を刺激。
血圧や心拍数を高める作用がある。
ストレスを受けると放出されるため「怒りのホルモン」とも呼ばれる。

■役割
強い覚醒力で人間の意識を維持する覚醒、
集中、記憶、積極性、痛みをなくするなどの働きがあり、その覚醒力が人間の生命と源泉となっている。
またもとは敵に出会ったときに敵から身を守るために、交感神経を刺激し心拍数や血圧をあげ敵に対抗する(または逃避)する役割があり、
現代においてはストレスを受けたときに同じような仕組みがおこります。

■不足すると
無気力、無関心、意欲の低下、うつ病の原因となります

■過剰だと
状態をひきおこします。
またノルアドレナリンは血圧、血糖をあげる作用があるためノルアドレナリン の過剰状態が続くと高血圧、糖尿病の要因になるかもしれません。


<その他>
・ノルアドレナリンが赤面症の 大きな原因
・ノルアドレナリンは常に多い状態でも良くないみたい、常に適度に調節しておくことが重要
・うつ病、パニック障害、不安神経症は、セロトニン、ノルアドレナリン等の不足 が原因となる
・ドーパミンは快楽やる気、集中力に関わる神経伝達物質だが、意欲、ストレスに関わるノルアドレナリンの前駆物質でも有る
・ノルアドレナリンの原料は、フェニルアラニン


ダメな男にひっかかるメカニズム

1 :名無しさん :01/11/26 02:46
●ある日、優しい彼からの突然のプロポーズ!この時、脳の中では…?
プロポーズされ、脳全体が幸せを感じていると、セロトニンが出現!
これは、愛情をたっぷり受けた時に出る脳内物質で、
「愛情」「幸福」「癒し」などの感情をジワジワを引き起こします。
●男運の悪い女性は、これだけでは物足りなさを感じてしまう…!
おだやかな関係性では、燃えるような大恋愛とは感じにくく、
いわゆる「幸せだけど物足りない」という状態になってしまうのです。

2 :名無しさん :01/11/26 02:47
●すると、今度は超ムカツク最低男からプロポーズ!この時、脳の中では…?
脳の中はイライラ状態!すると、ノルアドレナリンが出現!
脳内が緊張状態になったりストレスを感じたりすると分泌されます。
このノルアドレナリンが発生すると、動悸や発汗、鳥肌などの症状が出ます。
つまり、「毛嫌い」しているのです。
●さて、脳は当然この最低男を拒否すると思われますが…。
なんと、緊張とイラダチによるドキドキ感を、恋愛のドキドキ感と勘違いしまいました!
その結果、最低男のほうが魅力的だと感じてしまうのです。
つまり、男運の悪い女性は、やすらぎを与えない男性を選ぶクセがついてしまっているのです!


<まとめ>
ノルアドレナリンが少ないと、やる気の減少が見られるようです。
その場合は、原料となるフェニルアラニンの摂取が効果的です。

ノルアドレナリンが過剰と、不安やイライラ、躁鬱状態となるようです。
その場合は、ノルアドレナリンの分泌を押させるタウリンが効果的です。


¥1620
¥1680
¥1770

¥1980
¥2079
¥2940
¥3129
¥6825
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://supplymania.blog21.fc2.com/tb.php/50-29aeffb1
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カテゴリー
ブログ内検索

最近の記事

リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。