スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

社会不安、あがり症、パニック障害にテアニン 不眠や抗癌にも

 2008-05-29

¥570
¥2300
¥2352
¥2380
¥3680

¥1290
¥1590
¥1837
¥1980


社会不安、あがり症、パニック障害には、テアニンが有効です。
GABAと組み合わせると、さらに効果がUPします。


■テアニンとは
・緑茶のうまみ成分であり、リラクセーション効果がある。
・脳神経細胞を保護する作用が認められている。
・抗ガン剤の作用を増強する効果も報告されている。
・睡眠の質を改善することができる
・ドーパミンを増やす働 きがある

■wikipediaより

テアニンは臨床試験において、様々な効果が確認されている。

テアニンを摂取することにより、リラックスの指標であるα波の発生が30-40分後に確認されている。
50mg摂取では不安傾向の低い人に、200mg摂取では不安傾向の高い人においてもリラックス効果が認められている

抗ストレスについても同様に効果が確認されている。人にクレペリン型暗算課題でストレスをかけ、ストレス負荷により変動する心拍数、唾液中のイミュノグロブリンA、主観的ストレス感をみたところ、テアニン摂取でストレスの抑制が認められている


■テアニンを摂取することにより、リラックスの指標となるα波が増加され、
 不安やイライラの指標となるβ波が減少するという研究結果があり、心身をリラックスさせる効果があることが知られています。

■テアニンはリラックス効果と安眠を助ける他、血圧を下げ、過食や過剰な脂肪蓄積を抑制も報告されているスーパーアミノ酸です。
テアニンは、ギャバ(GABA)、バレリアンと並びストレス対策に利用されていて、脳や神経機能に作用して、リラックス効果のあるセロトニンやドーパミンを増やします。

そして脳波ではアルファ波(α波)を増やし、興奮を抑え、リラックス効果を与える他、安眠にも効果があるといわれています。
テアニンを摂取すると、睡眠の質が良くなるという研究結果で、特に良く眠れたという感覚、
また起きたあとの疲労回復感がアップしたという結果と共に、夜中に目が覚める回数も減っているという報告があります。

実際のテアニンとリラックス効果の実験では、50mgのテアニンを服用し、40~50分ほど後にアルファ波が増加する結果が出ており、
テアニンの濃度が高いほどアルファ波が強く現れることから、リラックス効果はテアニンの量に依存すると考えられています。

そのほか、テアニンが血圧を下げるという結果も報告されています。
また、ストレスからくる過食を防ぐはたらきや脂肪蓄積を抑える作用などの研究も進められています。
また、テアニンのガンに対する効き目の実験も行われており、テアニンはガンの処方箋と合わせて摂取するとガン抑制力がさらに高くなる結果も出ています

takara | 女性 | 40代 | ★★★★★
ストレスや不眠が続き、些細なことでイライラする私にはなくてなならないサプリです。
本当に気分が穏やかになり、ダウナー系ですが眠気はありません。
続けると性格も穏やかになりそうです。
絶対またリピします。

バカ | 男性 | 20代 | ★★★★
落ち着きます。寝つきがよくなりました。

玄珠堂 | 男性 | 50代 | ★★★★
気分改善のサプリとしては確かに効果を持っていると思います。メンタル系のお薬に抵抗を持っている人はお試しになってはいかがでしょうか?

¥570
¥2300
¥2352
¥2380
¥3680

¥1290
¥1590
¥1837
¥1980

スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://supplymania.blog21.fc2.com/tb.php/26-3fda7758
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
カテゴリー
ブログ内検索

最近の記事

リンク
FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。